債務整理の目安・タイミングはある?シュミレーション

借金をためてしまうと当初は返済が出来ると思っていても、目測が誤っていたり、借金をさらに増やしてしまったりすると、借金がもう返済できなくなります。そういう時には、債務整理を弁護士に相談してみることが大切です。そして、借金の内容と自分の収入を比較して、どのような対応をするかを考えるのです。債務整理を考えるべきタイミングというものはありませんが、一般的に手取り月収の3割を返済額が越えるようであれば、危険なタイミングと考えていいでしょう。もちろん返済がストレスに感じたり、心配に感じることがあれば、債務整理に関して専門家である弁護士に相談することが大切です。<債務整理の判断ポイント>いざ債務整理について弁護士に相談すると、弁護士は債権者すべてに依頼して借金返済の履歴表を取り寄せることから始めます。その上で、利息制限法を加味して金利の見直しした計算を行って、返すべき現在の借入残高を算出します。そして、住宅ローンなど大型の低金利返済を除いて、抱えている借金を5年以内に返済が出来ないようであれば、自己破産を決断する上での判断時期となります。5年以内に完済できても、住宅ローンがのこるようならば個人再生、住宅ローンがなければ任意整理と判断されることが多いようです。<債務整理のシュミレーション>債務整理に関しては、専門家に相談することでも指導を得られますが、やはり、なかなか相談しにくい内容ですので、自分で計算が出来るといろいろなことを考える上での参考になります。最近では、インターネットで借金返済におけるシミュレーションが出来るようになりましたので、いろいろシュミレーションできるサイトを検索してみましょう。特に、個人教法を提供すること無しで、シミュレーションできますので、気軽に計算をすることが出来ます。このシュミレーションはお金の返済にも利用できますし、また、借金をするときにも、無理な返済計画でないかどうかを考えることに利用できるのです。このシュミレーションでは、毎月の返済金額がいくらで、返済が厳しいとか、大丈夫だとか理解するだけでなく、どのようにすれば無理なく返済が出来るかとか、どういう返済の仕方が総返済額を抑えられるのかなど、さまざまなシュミレーションに利用できるのです。このように、無料のサービスは積極的に利用して、無理のない返済計画を考えることが大切です。もちろん、どのサイトのシュミレーションが使いやすいかというようなことも、専門家に相談してみることが大切です。

関連ページ

債務整理の件数・人数・割合などの統計情報
債務整理の件数・人数・割合などの統計情報
債務整理のメリット・デメリット
債務整理のメリット・デメリット
債務整理後に借入することは可能か?
債務整理後に借入することは可能か?