債務整理後に借入することは可能か?

借金を返済できなくなった場合に、最後の手段として債務整理を行ったのはいいのですが、どうしても、また、まとまったお金が必要になることもあります。例えば、債務整理を行うと一気に借金の返済が減って、生活の立て直しが出来る場合がありますので、新しい事業を始めたいと思う場合も多いのです。でもそのような場合に、銀行などからお金を借りることはできるのでしょうか? <債務整理の記録>債務整理を行った場合、一般にすべての情報が公開されるわけではありませんが、各種金融機関において、債務整理をしている人のリストが登録され、その情報が共有化されるシステムになっているのです。例えば、銀行ごと、信販ごと、消費者金融ごと、などに個人の履歴が記録されるため、新しく借り入れをする場合はそのリストを調べられることになります。債務整理における履歴が記録されますが、基本的には5年間はその記録が残りますし、長い場合は10年間記録が残ります。また、もし自分の記録がどこにどのような形で残っているかを知りたければ、信用情報機関に問合せをすれば入手することが出来ます。<再借り入れの可能性>債務整理をした後でも、どうしても新しい事業を起こしたいとか、お金が急に必要になることがあります。その場合に、新しくお金を借り入れるために銀行などに申し込みをすることになります。銀行借入とは、国民生活金融公庫や民間の銀行などの金融機関からお金を借り入れる事です。その場合、銀行では、借り入れの返済履歴を調べたり、収入やその他の借り入れの状況を調べることになります。当然銀行でも貸したお金が返済されないというリスクが発生するからです。会社が借り入れをする場合にも、会社の業績が順調に上がっている場合や、負債が少ない場合にはよいのですが、負債が多かったり、利益が出ていない場合は、貸し手側では、返済時のリスクが高まりますので、金利を高くせざるを得なかったり、融資をしにくくなります。さらに、自営業などでは、信用度が低くなりますので貸出の条件がさらに厳しくなるのが一般的です。<借入先候補>債務整理後の借り入れ先としては、なるべく金利の低いところを考えたいところですが、銀行は一番リスクを考えると借り入れは厳しく、消費者金融などは比較的借り入れしやすいのですが、金利が高くまた返済時のリスクが高くなります。そのような時に、本政策金融公庫の融資を受けると、比較的金利が低く、自営業や個人向けにも積極的に融資をしてくれますので、融資を受けやすくなっています。また、日本政策金融公庫で足りない場合は、更に銀行や信用金庫に融資をお願いするという順に考えると良いでしょう。再借入れの場合は、自分の置かれた環境に応じてどのような方法があるか、ケースによりますので、専門家である弁護士や司法書士などにも相談してみることが重要です。

関連ページ

債務整理の件数・人数・割合などの統計情報
債務整理の件数・人数・割合などの統計情報
債務整理の目安・タイミングはある?シュミレーション
債務整理の目安・タイミングはある?シュミレーション
債務整理のメリット・デメリット
債務整理のメリット・デメリット