親の借金を返済する義務はあるのか?

"親の借金は子供に返済義務があるのかどうか、ちょっと気になる点ですよね。借金をしていることなんて、家族間でも気がつかないことはよくあります。親が莫大な借金を抱えているとしたら、返済義務は一体どうなるのでしょうか。

 

<子供が返済しないといけない場合>
親の借金は子供に返済に義務が発生するのか、基本的には親の借金は親の問題なので子供に返済義務が発生することはありません。
しかし注意をしないといけないのが、子供が親の借金の連帯保証人になっている場合や遺産を相続する時には、子供にも親の借金の返済義務があるのです。
借金の連帯保証人になることは、大変リスクがありますので,たとえそれが家族であっても十分に注意しないといけません。
また親がどのような債権者からお金を借りているかにもより、法的な措置がとれない場合もあります。それは闇金からの借金です。闇金業者から借りている借金はどんな法的な措置をとっても業者にとってはまったく関係のないことですから、しつこい取立てが続くことが想定できますよね。
親が亡くなった後に分かった借金がある場合は、すぐに専門機関で相談をしましょう。親が亡くなった後は3ヶ月間以内に申し立てを行って借金返済義務をなくす事も可能です。なかなか把握できない親の借金ですが、できれば生前に相談しておきたい事ですよね。

 

<親の借金の返済義務をなくす方法>
親の借金を子供が背負うような事はなるべく避けたい事態ですが、借金の連帯保証人や遺産相続をする場合には返済義務があります。
その場合の対処ですが、まず相続放棄をするという手段があります。ここで覚えておきたいことは相続放棄をしても全て失うのではなく、親の生命保険金、死亡退職金、遺族年金などは子供が受け取ることができます。
相続放棄するには、親が亡くなったあとあ3ヶ月以内に申し出をしないとけませんので、それ以上の期間が経つと返済義務が発生してしまいます。相続放棄の手続きは住所地の管轄の家庭裁判所でおこなっています。
相続放棄をする時に注意したいのは、自分が放棄して親の借金返済義務がなくなっても、次の相続順位の人が相続することになりますので、同時に借金返済義務もついてきてしまいます。そのため身内の人にも相続放棄する必要がありますので、このような複雑な手続きは法律の専門家に依頼をしたほうが安心です。
相続に関した相談はオンラインの無料相談などもぜひ参考にしてみましょう。