夫の借金が発覚した時の対処方法

"夫の借金が分かったとき、まず心配になるのが誰がその返済をしないといけないのか、という点ですよね。本人に支払能力がなかった場合にはどのような対処をとることが一番ベストなのでしょうか。早速チェックしてみましょう。

 

<基本的には妻に返済義務はなし>
知らない間に作った夫の借金。基本的にはこの借金は妻は返済する義務はありません。
法律上では、日常家事による債務は夫婦に支払義務があるとされていますが、日常家事に含まれるものは食費や生活費、光熱費などの支払分です。7そのため夫が借金をした理由がギャンブルや単なる無駄使いのためであれば、この法律の規定も当てはまりませんので妻が返済する必要はありません。
しかし夫の借金で妻が連帯保証人になっている場合には、夫が返済不可能になってしまった場合には妻が返済しないといけません。連帯責任が発生しますので注意しましょう。
借金の連帯保証人になってしまうと、相手が他人であろうが配偶者であろうが返済義務があります。
そこで一番安全な方法は、たとえ家族であってもむやみに借金の連帯保証人にはならないことですね。
もしくは借金をするときには夫婦で相談をして、必ず返済ができるように計画的に行う事が大切なポイントです。夫婦間だけならまだしも、子供や親戚に迷惑がかかることもありますので注意しましょう。

 

<夫の借金が分かった時に取るべき対応>
夫が借金をしていることを知ったらまずは借金の詳しい内容を把握しましょう。
借り入れた額、返済期間、借り入れ先など、たとえ妻に返済義務が無いとしても夫の借金は早く完済しないと生活に影響がでてしまいます。
また夫がギャンブル癖がある場合や無駄使いをして繰り返し借金をする場合には、本人が改善しないといけない事がたくさんありますよね。夫の借金癖が直らない時には最悪離婚するケースもありますよね。お金のトラブルは家庭にも影響しますので、早期に対処したいことです。
しかし一度だけでの借金で問題になってしまった場合、夫婦で協力してトラブルから開放されたいのであれば、借金問題はまず専門家に相談することをオススメします。どうしても返済ができない時には債務整理という方法により、借金額を減らしたり、返済期間を延長することも可能です。
しかし手続きが大変面倒で、しかも自分の借金にあった対策方法をとることが必要ですから、借金問題解決のためには、専門的な知識がある人の方が安心して対処できるのです。