任意整理の流れ

借金が膨らんでいよいよ返済が出来なくなると、任意整理のことを考えることが必要になってきます。任意整理に関しては、一般的には良く理解されていませんが、どのような流れで行われるのでしょうか?ここでは、任意整理を選んでその一般的な手続きの流れについてまとめてみましたので、参考にしてみてください。<債権者への通知>まず、任意整理を行うには債権者に対してまず通知書を発送することが必要です。任意整理を弁護士にお願いすると、弁護士や司法書士は、受任通知書と呼ばれるものを作成して、債権者に郵送してくれます。この書類では、本件の借金に関しては、自分が代理人として借金整理を請け負うので、本人への取り立てをしないようにということを通知する手続きです。この通知によって、債権者は一切の取り立てや請求をすることが出来なくなるのです。<過払い金などの計算>次に、弁護士や司法書士が、今まで債権者から借りた借金に対する返済の履歴を取り寄せて、過払い金があれば返還請求をしたり、正しい利息による返済の、引き直し計算、を行います。この過程で通常、支払額が少ない金額になります。<和解案の作成>この過程では、大雑把にいって、借入者の収入状況などから、滞りなく支払いが出来るレベルでの金額を債権者に提案して、納得してもらうことになります。具体的には、弁護士や司法書士が、利息制限法に従って引き直し計算をした結果、借金の減額を基本とした和解案を作成します。返済期間は3年間で分割支払いを作成します。また、今までの支払いが遅れていた部分の損害金や利息のカットも提案します。また、もちろん過払金がある場合には、返還請求をおこない多く支払いすぎた分を取り戻すことを行います。<債権者との交渉>弁護士や司法書士は和解案を作成したら、いよいよ各債権者と任意整理についての交渉をします。弁護士や司法書士が債権者に提案した和解案に相手方が納得してくれれば、その内容で和解が成立して、契約をすることになります。その場合は、依頼者はその新しい返済計画に従って返済を始めることになります。しかし、もし和解が成立しなければ、条件を譲歩したりして、和解の糸口を探ります。ただ、返済額を抑えることをしなければ、返済が滞ることもリスクになるため、お互いのメリットになるための妥協点を探るのです。しかし、債権者の中には和解案に同意が得られない場合もあります。<返済の開始>各債権者が提案した和解案に同意を示したら、交渉は完全に終わりとなります。その後、その和解案に従った返済が始まります。