借金が減らない時の対処方法

借金が減らない時の対処方法

 

 

毎月真面目にコツコツ借金を返しているのに、元金がなかなか減らなくて困っている・・・そんなあなたのために、借金が減らない時の対処方法をお教えします。

 

 

まずは生活の見直しを

 

 

・一番いいのは稼いで返済に充てることです。「それができれば苦労はしない」という人もいるかもしれませんが、人間必死になれば案外何でもできるものです。

 

・現代はネットが発達しているので、空いた時間を利用して副業などに精を出すこともできますし、短時間のアルバイトも豊富にあります。ただし無理をしすぎて体を壊したり、風俗や怪しいアルバイトに手を出す事はひかえましょう。

 

・不要な遊興費などは削り生活を見直して、普段から節約するクセをつけましょう。

 

 

1日でも早く借金を返す

 

・返済総額が少額の場合、毎月の支払いも数千円とそれほど多くはないはずです。しかし、少額の借金であっても支払いが長引けば長引くほど利息が発生して、支払い総額が増えてしまいます。

 

・毎月の支払いに余裕があってお金が残るかたは、繰上げ返済をしましょう。少々お金が貯まったり、ボーナスなどの臨時収入があったときに返済に充てるようにしましょう。

 

・特にATMを使って返済をしているかたは、返済の都度手数料がかかっている場合がほとんどです。100〜200円の手数料でも積み重なれば高額になります。まとめて一度に繰り上げ返済をして、手数料分を浮かせるようにしましょう。

 

・借金が高額になっている場合は、まず自分の収入で完済することができるのか、計算してみることが大切です。返済していけるようなら、借金を一本化して一つにまとめる方法もあります。

 

・たくさんの金融機関からの借金を一本化してひとつにまとめる「おまとめローン」という方法があります。借金を一本化することによって、金利が安くなり返済総額も減少します。また、バラバラだった借り入れ金利や完済期日、月々の返済日をまとめることによって、お金の管理がしやすくなり返済への近道になります。

 

 

法律の専門家に相談する

 

・自分の収入では完済が難しかったり、おまとめローンの審査が通らなかったりした場合は、借金に詳しい専門の弁護士に相談しましょう。弁護士というと依頼料がかかると身構える人もいますが、最初の相談は無料で行ってくれたり、依頼しても分割での支払いに応じてくれる弁護士がほとんどなので安心です。

 

・弁護士に依頼すると、弁護士が債務者の代理人となって、債権者である金融会社と直接交渉をします。これを、任意整理といいます。利息カットや返済計画の見直しなどにより、ほとんどが無利子で借金も減額され、約3年ほどをかけて支払いしていく形になります。

 

・迷ったらまずは法律の専門家に相談することが大切です。借金をキレイに清算して、新しい人生の一歩を踏み出しましょう。