借金で過払い金の調べ方・確認方法

闇金や消費者金融などで、高金利で借金したために、返済をしているケースでは、払いすぎた借金の返済については、過払い金として取り戻せる可能性があります。過払い金があるかどうか、どのくらいあるかに関しては、専門家に相談してみる必要がありますが、過払い金とはどのようなもので、過払い金を確認するにはどうしたらよいのかについて整理してみました。<過払い金とは>過払い金とは、貸金業法が平成22年に改正されたことで、消費者金融やクレジット会社などの多くが、今まで行っていた出資法に基づいた貸し出しでは、金利が上限を超えている可能性があり、違法となるのです。そのため、払いすぎてしまった、返済金は手続きをすれば払戻すことが出来るのです。そもそも、この法律は多重債務が社会問題化たため、改正されたもので、今では、貸出における上限を超えない範囲で貸出が行われています。<過払い金の計算>過払い金に関しては、払い戻せる可能性があることはわかるのですが、一体、自分の場合はいくら払い戻しが可能なのか、計算できないものでしょうか?例えば、金融機関に自分の場合の過払い金に関して問い合わせをした場合はどうでしょうか?もちろん、お金を貸し出した方は、払い戻しをいて欲しくありませんから、あなたの過払い金はいくらですということは教えてくれません。過払い金の詳細は専門家にお願いする必要がありますが、計算が出来るサイトがありますので、インターネットで調べてみましょう。また、過払い金の返還請求をするには、完済後、10年以内にする必要があるのです。過払い金が発生しているかどうか確認する為には、初回取引開始時からの全ての借入と返済の履歴が必要です。リボ払いで借りている人は、明細を持っていない可能性が高いのですが、そういう場合は、金融会社に取引履歴の開示請求をすることで明細の入手が可能です。<過払い金の請求>もし過払い金あるようでしたら、弁護士に依頼すれば多くの事務所で引き受けてくれます。自分で請求することも可能ですが、素人の場合は、裁判で争うこともありますので、専門家にお願いする方が賢明です。過払い金の計算には、専門家である弁護士や司法書士に相談することがやはり安心です。通常、相談する際には、支払いに関する履歴や、いつからお金を借りているのか、金利はどうかなど、必要になりますので、整理しておくことが必要です。法律事務所に依頼すれば、返済への督促もストップしますし、裁判所への出廷も弁護士側が代行してくれます。