FXで借金3000万、返済は可能か?

FX投資では、少ない資金でも、より大きな金額での取引に対して投資ができるため、為替の変動など思わぬリスクがあります。FXでは、基本的に預けてあるお金以上には損失が無いような仕組みがあるのですが、高い取引額での運用をしようとするとそれなりに、元金を越えての損失が起こるため、利益も大きいかわりに、大きな損失を伴うことがあるのです。例えば、FXの取引で仮に3000万円の借金をしてしまった場合には、どのように対処すればよいのでしょうか?通常では、返済できない金額の負債を背負った場合には自己破産して免責許可を受けることで、生活の再建をすることが可能です。ゆとり資金があればそのまま返済ができますが、FX投資で出来てしまった借金を返済できない場合はどうしたらよいのでしょうか?<免責不許可>もし、事業において失敗して借金が出来てしまった場合や生活資金が苦しくて借金をしてしまう場合などは、自己破産をして一から生活を再建することがかのうです。ところが、遊びや遊興費などでおかねをつかってしまって、借金を作ってしまった場合は、自己破産にはなりません。また、投資であっても、株式投資やFXへの投資においての失敗によって借金が出来てしまった場合など、投資目的によって出来た負債については、自己破産の免責不許可に該当しますので、申請をしたとしても免責されないのです。もし、このような投資による失敗で出来た借金が自己破産で解消できるのであれば、自己破産を覚悟した投資が増えてしまうリスクがあるためです。<裁量免責>それでは、FX投資によってできてしまった借金は、どうしても自己破産により対処できないのでしょうか?実は、FX投資によって出来た借金に対しても、裁判所の判断で免責される、裁量免責と呼ばれる制度があります。ただ、FX投資での借金にたいする免責を受けるためには、経験豊富な有能な弁護士に依頼する必要があります。つまり、裁判において裁量免責を勝ち取るには、裁判官に対するアピールがしっかりできる必要がありますし、全額免責にならなくても、少しでも免責額を大きくするための交渉が必要となるのです。FXは投資だからとあきらめないで、専門家である弁護士に一度相談してみることが大切です。特に、債務整理など借金問題を専門に扱っている弁護士事務所も最近は増えていますので、気軽に相談してみましょう。かならず、何らかの解決策を見つけてくれるはずです。